週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

田口麗斗投手・恐れを知らない19歳左腕

 



 広島新庄高から入団し、2年目を迎えた。今季、早くも一軍デビューを果たし、7月30日までに7試合に登板して2勝3敗、防御率2.92と堂々の成績を残している。田口麗斗は「自分のピッチングをしっかりやっていきたい」と並み居る強打者にも臆することなく、堂々と腕を振る。

 タテ、横と2種類のスライダーは抜群のキレを誇り、大きな武器となっている。140キロ台前後の速球は伸びやかで、球速以上の勢いを感じさせる。初登板は4月1 1日のヤクルト戦(東京ドーム)だった。チームは3連敗中だったが「昔から強気」と自らの性格を評する19歳には関係なかった。7回を無四球で5安打1失点。原監督も「本当に落ち着いて力むことなくいいピッチングをした。驚きました」と目を丸くした。記念すべき1勝に、田口は「人生に一度しかないチャンス。1点に抑えられて勝ちにつながって良かった」と満面の笑顔で喜びを語った。

 さまざまな経験を通し、成長を続けている。キャンプ中の紅白戦では1回7失点と打ち込まれた。「情けない投球をして、生活を変えようと思い知らされた。あの紅白戦が自分にとって深い1日になった」。そこからアーリーワークを自主的に行うなど、野球に取り組む姿勢が変化。一軍で先発ローテを任された今でも、日々新たなことを吸収しようとしている。

「一軍の先輩にはそれぞれのルーティンがある。自分のルーティンを持てるようになりたい」

 7月26日の広島(マツダ広島)戦では一塁走者に気を取られ、梵に2ランを浴びた。不用意な一球を「次に生かさないといけない」とすぐに反省。プロ野球人生は始まったばかりだ。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング