週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・榊原翼 勝ち取った2ケタ番号と開幕一軍/今季はひと味違います

 

4月1日のソフトバンク戦では5失点と苦いデビューも4月3日のロッテ戦では無失点に。登録抹消され、ファームで再び腕を磨く


 確かな成長と猛アピールで、榊原翼は支配下と開幕一軍を勝ち取った。

 最速151キロを誇る高卒2年目右腕は、3月19日に支配下登録。そして、オープン戦で鮮烈な一軍戦デビューを果たし、19歳にして開幕メンバーに名を連ねた。

「呼ばれたからには、チャンスをしっかりとものにしたい」。

 一軍マウンドで躍動し、さらなる階段を駆け上がる。

 3月15日。開幕を前に球団から支配下登録が発表。「本当にうれしいです。しっかり勝ちに貢献できるように頑張りたい」。新人年の昨季、ウエスタン・リーグに13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1.46の好成績。最高球速も、浦和学院高の147キロから151キロに成長し、ポテンシャルの高さを示して2ケタ番号61を勝ち取った。

 インパクトを与えたのは3月25日の阪神とのオープン戦(京セラドーム)。7回に一軍戦初登板を果たすと、鳥谷敬を空振り三振、糸井嘉男を左飛、ロサリオ見逃し三振と上位打線を三者凡退に。完璧な投球で福良淳一監督を「球も強いし、制球も悪くない。(一軍でも)大丈夫でしょう」とうならせた。

 昨季から継続して行うのは、直球の質の向上。フォームの微調整を行いながら体幹トレーニングなどで土台を築いてきた。一軍での目標は「任されたところで、勝利に貢献できるようにするだけです」と謙虚さを忘れない。一軍初登板となった4月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では5失点と洗礼を浴びたが、再びファームで腕を磨き、ひたむきに次のステップを踏もうとしている。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング