週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・中田廉 どんな場面でも対応。頼れる“ファイアマン”/生え抜きの意地

 

場面を問わずにマウンドに上がる中田


 どんな場面でも対応する。カープひと筋10年目を迎えた中田廉の真骨頂だ。強力リリーフ陣の一角として、昨シーズンは3年ぶりの50試合登板。競った試合での中盤、終盤を託される。リードを保つのはもちろん、負けていても流れを呼び込む。重要な役目を担っており、貢献度は高い。

 開幕から2度とも、難しい状況だった。初登板は4月1日の中日戦(マツダ広島)。先発の大瀬良大地が6回途中に両足をつって降板したため急きょ、白羽の矢が立った。ビシエドに内野安打を許したが、後続を断って初ホールドをマークした。

 そして3日のヤクルト戦(神宮)では、7回一死から今村猛が頭部死球で危険球退場となり、緊急発進した。ここでも坂口智隆広岡大志を打ち取りホールド。開幕4連勝の立役者の1人となった。

「急に出て行く中で、心の準備はなかなかできないですね。でも、そういう役割ができるのが僕。行く場面というのは分かっているので」。試合展開を見定めながら、ブルペンで肩を準備させる。頼りになる火消し役は、敬意を込めてチームメートから「ファイアマン」とも呼ばれている。

 今年のテーマは、低めの変化球でゴロアウトを稼ぐこと。今春キャンプ、ナックルカーブの向上に時間を費やしたのも、そのためだ。

 節目のシーズンを迎えた右腕は「ここまでいろんな経験ができた。ケガをしても残してくれた球団に感謝しています。カープの選手はみんな若いし、頼もしい。負けないように頑張りたい」と意気込んでいる。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング