週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・吉田正尚 名実ともに“チームの顔”へ/オールスター候補の躍動

 

6月11日時点で交流戦打率は.356。一発だけでなく、コンスタントに安打も放っている


 プロ3年目での初出場に向け、開幕から結果を出し続けている。今季もプロ1年目の2015年から3年連続で投票用紙の外野手部門にノミネート。過去2年は腰のケガもあり、球宴出場とはならなかったが、今季は中軸として全試合に出場と、目標である“シーズンフル出場”へ向け、順調に戦っている。

 5月に入ってからは「打席の中で自分のスイングがしっかりとできるようになってきた」と話すように、打率3割以上をマークするなど、状態は右肩上がり中だ。

 期待の表れだろう。6月11日発表のオールスターファン投票の中間発表では外野手部門でソフトバンク柳田悠岐西武秋山翔吾日本ハム大田泰示に次いで4位。ファン投票開始の5月下旬から好調の打撃を見せている。

 5月22日の楽天戦(楽天生命パーク)では、先制弾を含む4安打4打点。同27日のロッテ戦(京都)と29日の中日戦(ナゴヤドーム)では2戦連続本塁打を放つなど、真価を発揮している。

 5月に入り、一時は12試合本塁打から遠ざかったが、その期間でもコンスタントに安打を打ち続けてきた。「自分の打撃ができていなかったが、これから上がっていけると思う」と現在の好調に手応えをつかんでいる。

 本塁打も、敬遠を含めた四球数もチームトップの数字を出すなど、名実ともにチームを代表する打者へとなりつつある吉田正尚。この状態を維持すれば、初のオールスター出場も現実味を帯びてくる。

写真=井田新輔

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング