週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・松山竜平 どんな打順でも守備位置でも強打を発揮/いぶし銀の輝き

 

ファーストを守ることも多い松山竜平


 9月で33歳。中堅からベテランに差し掛かり、松山竜平の打撃により磨きがかかっている。今季は外野のほか一塁手でもスタメン出場。相手が左投手の場合はベンチスタートもあるが、初のシーズン規定打席到達へ突き進んでいる。

 強力打線でクリーンアップの一角を担う。開幕直後に鈴木が下半身の張りで離脱すれば、代役四番を務めた。そして4月下旬に丸が右足を痛めて約1カ月不在の間は三番を任された。以降はほぼ五番に固定。打率は6月に入って3割を超えてきた。得点圏打率も3割超(7月11日現在)。勝負強さが光る。

 6月26日の巨人戦ではプロ初の満塁アーチ。1回の4点ビハインドを直後に追いつく千金打で、逆転勝ちにつなげた。「最高に気持ちよかった。完ぺきな打撃ができました」。つなぐ意識を持ちながら、試合を決める一撃も打てる。翌27日には国内フリーエージェントの資格取得条件を満たした。

 どんな球種、コースでもヒットゾーンに飛ばせる。いわば、天才肌。迎打撃コーチも舌を巻く。「芯でとらえる能力に優れている。極端なことを言えば、どんなボールでも手を出せる。ストライクゾーンの中で広く待って、あまりしぼって打たない」。あまり細かく指導せず、本人の感覚に多くを任せているという。

 守備と走塁という課題はあるが、向上心も高い。試合のない日もマツダスタジアムを訪れ、トレーニングに精を出す。「結果を残さないといけないですから」。多くを語らず派手さはないが、赤ヘル打線に欠かせない存在だ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング