週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

巨人・澤村拓一投手「高校時代の仲間の分まで……」/思い出の初○○

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「思い出の初○○」です。

巨人・澤村拓一投手


初勝利があこがれの甲子園だった巨人澤村拓一


 1年目の2011年、4月21日に甲子園で挙げたプロ初勝利(阪神戦、7回1失点)は、感慨深いものがありました。高校(栃木・佐野日大高)3年間、甲子園を目指して、毎日練習して、それでも一度も出ることができなかった。高校球児にとっての“聖地”のマウンドに、プロに入ってやっと立つことができた。あのときの感動は、今も忘れないです。

 高校で甲子園に出場できなかったら、プロ以外で甲子園球場でプレーすることなんて、ないじゃないですか。だから、初めて甲子園のマウンドに立てたときは「佐野日大の仲間の分まで」と気持ちを込めて投げました。当時のウイニングボールは両親に送りました。今でも大事に実家に飾っています。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング