週刊ベースボールONLINE

進め!次代のスター候補たち ファーム便り

DeNA・網谷圭将 育成ながら異例の“強化指定”

 

現在、ファームの四番に座るのは19歳の育成選手だ。支配下を目指す若者にもかかわらず、ウインター・リーグに派遣、春季キャンプでも一軍に招集されるなど、期待を全身に受け技術の研さんに励む。

捕手/育成2年目/20歳


 育成からハマの大砲へ──。シンデレラストーリーが現実味を帯びてきた。

 千葉英和高から育成ドラフト1位で入団した昨季はキャンプで左手有鉤(ゆうこう)骨を骨折して出遅れた。だが、フェニックス・リーグや台湾でのウインター・リーグでその鋭いスイングを見せると、首脳陣の評価も急上昇。今季は沖縄県・宜野湾での一軍キャンプでスタートした。イースタン・リーグが始まり、「状態は悪くない」という。「結果が少しずつ出始めている。あとは得点圏での打率を上げたい。チャンスで強くならないといけない」と向上心をのぞかせる。

 取り組んでいるのは軸のブレない打撃だ。「内角のシュート系の球に詰まったり、その球を見せられると、外角の球が遠く感じたりする」と自己分析。参考にするのはDeNAの四番・筒香嘉智だ。「筒香さんは見ていても軸がブレない。凡打でも本塁打でも基本的に大きくブレることがない。見習いたい」と目を輝かせた。体幹やウエート・トレーニングを重視し、このオフで体重は7キロ増えて88キロに。体も出来上がってきた。

 課題は守備。今は一塁と三塁の練習を「9割」。捕手は「1割」という。「もちろん、まだまだですけど、徐々に進歩している実感はあるし、毎日が充実している。いろいろなところを守れれば、上が使いやすくなると思う」と手応えを感じつつあるようだ。

 ラミレス監督も高田繁GMも「打撃は一軍でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング