週刊ベースボールONLINE

進め!次代のスター候補たち ファーム便り

中日・丸山泰資 一流を感じ成長

 

初めてプロの世界で過ごした1年は悔しさも味わったが、同時に成長するための糧も手にした。投手としての階段を上がり、来季こそプロ初勝利をつかんでみせる。

投手/1年目/22歳


 生まれ育った愛知県で、丸山泰資は本拠地プロデビューを飾った。6月14日の日本ハム戦[ナゴヤドーム]。「ブルペンで『行くぞ』と言われた瞬間、足が震えたのを今でも覚えています」と振り返る。5対7の延長12回一死一、二塁でマウンドに上がると、杉谷拳士をセカンドライナーでダブルプレーに打ち取った。

「結果はゲッツーですが、抑えた感覚はありませんでした。芯でしたし、偶然セカンドの正面に飛んでくれただけ」。ただ恐怖心だけが残った初登板。「自分は通用するのか」。その予感は的中する。2日後の西武戦(同)では1回を投げて3安打4失点。秋山翔吾にはプロ初のホームランを浴びた。

「手元でまったく伸びていない。コーナーを意識して・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー