週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

広島・ケムナ誠 制球力磨く規格外の男

 

キャリアから、投げるボールのスピードまで、どれも規格外の逸材。ファームのゲームでは打ち込まれることも少なくないが、本人はしっかりと課題をとらえ、ポジティブに取り組んでいる。

投手/1年目/23歳


 192センチの長身から151キロの快速球を投げ込む。数字も規格外なら、キャリアも規格外である。宮崎県日南市に生まれ、サーフィンに熱を入れていたケムナ誠は、日南高2年になってから野球部に入った。甲子園出場経験はない。

 潜在能力は部員300人の大所帯である日本文理大で開花した。「投手だけでも100人いましたから、何か個性を出さないといけません。まずは、速球を磨こうと考えました」。球場に併設されたウエート・トレーニング場にこもり、上半身を中心に鍛え抜いた。体重は16キロ増えた。すると、入学当時140キロだった球速は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング