週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

阪神・大山悠輔選手に見るリセットの動きの重要性

 

豪快なスイングは将来性を感じさせます/写真=前島進


素晴らしいスイングだが


 今回は、2017年の阪神のドラフト1位・大山悠輔選手について書いてみたいと思います。

 身長は181センチと、最近の選手にしては、さほど大きいほうではありませんが、パワーもあるし、非常に思い切りのいい、惚れ惚れするようなスイングをします。1年目から阪神打線の四番も張っていますし、金本知憲監督の期待も大きいようです。

 彼の隠れた武器は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング