週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

【ソフトバンク優勝へのシナリオ】先発投手陣の安定、これに尽きる

 

早くも約3カ月後に2019年のペナントレースが始まる。各球団、補強もほぼ完了したが、頂点に立つ陣容をそろえることができたか。各球団の優勝へのシナリオは――。

千賀は今季こそ、離脱なしでチームの軸となれるか


 現時点でドラフト選手以外の新戦力はなし。それでもソフトバンクは、2019年も優勝候補大本命に挙げられている。

 打線は柳田悠岐を筆頭に破壊力抜群だ。ここに内川聖一松田宣浩といったベテラン勢、主砲・デスパイネが本来の力を発揮できれば、もはや怖いものなし。レギュラー不在だった二塁にも牧原大成といった有力候補が出現した。俊足で積極性を持つ牧原は打線に勢いをもたらしてくれるだろう。昨季、シーズン終盤から攻撃に厚みをもたらしたグラシアルとも再契約の見込みで、バックアップも長谷川勇也ら頼もしいメンバーがそろう。

 とすれば、やはりカギを握るのは投手陣といえよう。特にここ数年、離脱者を多く出し、中継ぎ陣の負担増の原因となっている先発陣の奮起はマストになってくる。和田毅の復活にも期待はかかるが、千賀滉大東浜巨バンデンハークといった柱が離脱することなく、勝ち星を積み上げることが優勝への近道。彼らもそれを十分に理解し、しっかりと己と向き合っている。あとは武田翔太中田賢一ミランダ大竹耕太郎らのいずれかが先発ローテーションに定着できれば言うことなしだ。

 先発陣の安定により、森唯斗嘉弥真新也ら元々タフガイぞろいの中継ぎ陣もさらに安定。そして、投打にバランスの取れた戦いぶりで一気に優勝へと突っ走りたい。そのために、「選手のコンディショニング、トレーニングをするところから周りがサポートできるように、より強固にしていく必要がある」と工藤公康監督。首脳陣による選手のケガに対するリスクマネジメントにも注目が集まる。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング