週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト会議

【ドラフト】日本ハム5位 柿木蓮(大阪桐蔭高) 春夏連覇を果たした“銀河系軍団”のエース/プロ野球ドラフト会議

 

大阪桐蔭高・柿木蓮


 25日、2018年プロ野球ドラフト会議が行われ、日本ハムが5位で大阪桐蔭高・柿木蓮を指名し交渉権を獲得した。

■プロフィール
名前:柿木蓮(かきぎ・れん)
ポジション:投手
生年月日:2000年6月25日
身長・体重:181cm85kg
投打:右投右打
所属:大阪桐蔭高
経歴:多久北部少年野球部(多久市立北部小) - 東松ボーイズ(多久市立中央中) - 大阪桐蔭高

 総合力の高いクレバーな甲子園優勝投手。多久市立北部小2年時に多久北部少年野球部で野球を始め、中学では佐賀東松ボーイズに所属、当時から140キロ近い速球を投げ日本代表でもエースだった。進学した大阪桐蔭高では2年春からベンチ入りし、同夏の甲子園では仙台育英高戦に先発し8回まで無失点の熱投を見せたが不運なサヨナラ負けを喫した。この悔しさを糧に3年時には、甲子園春夏連覇を果たし、特に夏の甲子園で準決勝、決勝を連投で2試合連続完投勝利を挙げエースとして成長した姿を見せた。

 最速151キロの速球にツーシーム、スライダー、カーブ、フォークなど多彩な変化球で打者を打ち取る。また、U-18日本代表ではリリーフとして好投するなど先発以外の適性も高い。好きな投手は楽天則本昂大

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング