週刊ベースボールONLINE

ホークス!パ・リーグ最速優勝!!

野球解説者・池田親興氏が語るソフトバンクVのポイント 「逆境を糧にチームの“幅”を作ったホークスが少し大人になった優勝」

 

終わってみれば独走で優勝を果たしたソフトバンクだが、ケガ人が続出するなど、決して順風満帆なシーズンではなかった。それでも厚い選手層を的確に生かしながら、若手の台頭を促し、苦境に陥ることなく優勝へ突き進んだ。チームマネジメントも含めた投打のポイントを、OBの池田親興氏が解説する。
取材・構成=杉浦多夢、写真=榎本郁也


サファテの存在が粘りを生む


 苦しさから始まりながら、苦境を乗り越え、最後まで息切れすることなく優勝にたどり着くことができました。序盤戦は楽天の頑張りもあって追いかける立場になりましたが、工藤公康監督の言う「2勝1敗」のペースを守り続けたことが優勝の最大の要因。120試合終了時点で80勝40敗だったのが象徴的です。

 今季も主力クラスにケガ人が続出しながら、若手の台頭、巧みなやり繰りでしのぎ切りました。普通ならこれだけ主力が戦線離脱すればゲームにならないものですが、抜てきされた選手たちがチャンスを生かし、戦力となることで、結果的にすべてがチームとしての“幅”となっています。

 投手陣では、今となっては中継ぎエースとして期待されていたスアレスが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング