週刊ベースボールONLINE

 

今夏の甲子園広島大会決勝は、瀬戸内・山岡泰輔、広島新庄・田口麗斗両投手による、歴史に残る投手戦となった。再試合までもつれこんだ2試合19イニングで、スコアボードに刻まれたスコアはわずかに1。全国でも注目を集めた広島の両輪は、この夏、同じユニフォームに袖を通して世界を相手に戦った。互いを認め合う2人のライバルストーリーは、まだ始まったばかりだ。

取材・文=岡本朋祐(本誌特派) 写真=荒川ユウジ

田口麗斗&山岡泰輔
Kazuto TAGUCHI[広島新庄3年]PITCHER&Taisuke YAMAOKA[瀬戸内3年]PITCHER
切磋琢磨してこれからも高め合う



 今大会の精鋭20人で、昨年を通じても甲子園を経験していないのは1人。左腕・田口麗斗は高校日本代表入りに、頭を下げたい右腕がいた。「人生に1度しかないチャンスをこの手でつかむことができたのも、広島で切磋琢磨してきた山岡がいたから。甲子園の土は踏めませんでしたが、取り組んできた3年間が、間違いではないことを証明できました」

 春夏通じて初出場を目指した広島新庄と、瀬戸内の広島大会決勝は歴史的な投手戦となった。15回では決着つかず、0対0のドロー。山岡泰輔は広島新庄打線を1安打に抑えて15奪三振の163球。一方、田口は19奪三振で213球を投げ切った。

 中1日の再試合も1点をめぐる攻防。田口は8回に痛恨の失点を喫し、山岡はその1点を守り130球、24イニング無失点で13年ぶりの甲子園出場を決めた。田口は2日前とは一変、打たせて取る配球に終始し、86球の省エネ投球も1点に泣いている。

大会前に誓った世界舞台での共闘

 2人のライバルストーリーは1年時から始まっていた。同夏の県大会1回戦で両校は顔合わせ。山岡は2番手で登板したのに対して、背番号18の田口はブルペン待機。広島新庄は試合には勝った(6対0)が、田口は同級生の力投ぶりを強く意識したという。

 2年夏の準々決勝では先発で投げ合い、広島新庄が7回コールド勝ち(9対0)している。だが、新チームの同秋以降は状況が一変する。同秋の準々決勝で山岡が雪辱(3対2)を果たすと、今春の県大会決勝も瀬戸内が3対1で制している。連敗から3連勝。今夏、山岡がラストマッチで広島の頂点に立った。

 甲子園では明徳義塾との初戦(2回戦)で1対2と惜敗。県大会での疲労蓄積による右ヒジ違和感で、本来の最速147キロに、スライダーのキレも影を潜めた。だが、悪いなりにも要所を抑えるのがエース。大会後にはレンジャーズ・ダルビッシュ有が自身のツイッターで、山岡の投球を絶賛。「すごい選手なのでうれしいです」(山岡)。

 ちょうどこの直前、広島市内で“一席”があった。広島新庄と瀬戸内のメンバー計10人による食事会が開かれた。2人は球場で言葉を交わすことがあっても、ゆっくり話をするのは初めてであった。「甲子園は良い場所やった」(山岡)「俺も行きたかったな」(田口) 今大会はホテルで同部屋だった。「広島ではずっとライバルでしたが、同じチームでプレーするのも夢だったんです。日の丸に感謝です」(山岡) 

 今大会の投手陣の軸として、西谷浩一監督(大阪桐蔭)は桐光学園・松井を指名。ドクターKに次いで、全幅の信頼を寄せていたのが山岡だった。予選第2ラウンド進出を決めるまでの4戦、全試合ブルペン待機。ピンチや短いイニングでこそ発揮する、メンタルの強さを買っていた。その期待に応え、4試合に救援し無失点。ベストナインの救援部門に選出される活躍を見せた。

 強心臓では、田口も負けていない。「ここが俺の場所」とマウンドで仁王立ち。最速145キロの直球に、左打者の外角へ消えるように落ちるスライダーで打者を手玉に取った。昨夏の甲子園以来、桐光学園・松井を「ライバル」と意識。直球と変化球の腕の振りが同じであることを生で確認し、自らにも参考にしている。

 田口は早くからプロ志望を表明しており、複数球団が上位指名を検討している。ダルビッシュが自身のツイッターでプロ入りを勧めていた山岡は、複数の関係者の話を総合すると社会人入りが濃厚。3年後のドラフト解禁を待つ形となるわけだが、巨人・山下哲治スカウト部長は「ボールのキレがいい。社会人で磨けば、上位候補になる」と評価。高校卒業後、それぞれ違う道を歩むことになりそうだが、認め合う2人の友情は続く。


PROFILE
広島県出身。五日市観音西小3年時に投手として野球を始める。カープJr.で12球団トーナメント出場。五日市観音中では五日市観音シニアクラブ(軟式)に在籍。広島新庄高では1年夏からベンチ入りし、2年夏は背番号10の主戦で4強進出。今夏は初めて「1」を背負ったが準優勝。最速147キロ。変化球はカーブ、スライダー、シュート、チェンジアップ。

PERSONAL DATA
たぐち・かずと
170cm69kg/左投左打/1995.9.14生
[新チーム結成以降の成績]
12秋広島大会: 8強
13春広島大会: 準優勝
【13夏広島大会】
2回戦 6-0 海田
3回戦 9-1 美鈴が丘
4回戦 5-0 呉商
準々決勝 4-1 盈進
準決勝 7-2 如水館
決勝 0-0 瀬戸内
決勝 0-1 瀬戸内(再試合)


PROFILE
広島県出身。小学2年時からソフトボールを始め、瀬野川中では軟式野球部で県大会出場。瀬戸内高では1年夏からベンチ入りし、同秋からエース。2年夏に8強、同秋4強、今春県大会優勝とステップアップ。同夏は13年ぶり2回目の甲子園出場へと導いた。最速147キロ。変化球はカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ。

PERSONAL DATA
やまおか・たいすけ
172cm70kg/右投左打/1995.9.22生
[新チーム結成以降の成績]
12秋広島大会: 3位決定戦敗退
13春広島大会: 優勝
13春中国大会: 準優勝
13夏広島大会: 優勝
【13選手権】
2回戦 1-2 明徳義塾(高知)
【甲子園通算成績】
1試合1勝0敗、9回2自責、防2.00

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング