週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位指名選手/第1回1巡目入札クローズアップ

大瀬良大地[広島1位]「できる限り前田さんのそばで学びたい」

 

▲色紙に「柱」と決意を書いた大瀬良。その意欲はすでにみなぎっている



大瀬良大地大学NO.1右腕に3球団が競合
つながっていた運命の赤い糸

取材・文=加来慶祐 写真=湯浅芳昭

広島との間にある不思議な縁

 福岡六大学リーグで3度のMVP、2度の大学日本代表入り、そしてアジア選手権日本代表入り。最速153キロを誇る九州の豪腕・大瀬良大地は、セ・リーグ3球団競合の末に広島が交渉権を獲得した。

 長崎日大高3年夏に甲子園に出場。大学に進学して以降の実績は、今ドラフトで文句なしのNO.1と言っていい。

 今回のドラフトには、いくつもの不思議な縁がある。ドラフト直前の10月13日にチームメートと広島旅行に出かけた際、見知らぬ男性にチケットをプレゼントされ、CSファーストステージのパブリック・ビューイングを行っていたマツダスタジアムに足を踏み入れている。そこで初めてカープファンの赤く燃えたぎった情熱に触れ、大きな感動を覚えたと大瀬良。

 交渉権確定のクジを引いたのは、大瀬良を5年間追いかけ続けた九州地区担当・田村恵スカウトだった。大瀬良いわく、まだまだ“覚醒前”だった高校3年夏からグラウンドで姿を見かけていた、唯一のスカウトマンである。テレビ中継の中で、田村スカウトが野村謙二郎監督らとともにテーブルに着く姿を見た大瀬良は、何となく予感めいたものを感じていたらしい。

 大瀬良を引き当て、インタビューに答える田村スカウトの目には光るものがあった。4年前、担当として初めてドラフト1位指名に漕ぎ着けた選手と契約を結んだ際も、泣いていた。そのときの選手が2009年センバツ優勝投手の今村猛(清峰高)である・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング