週刊ベースボールONLINE

特集・チームを変革する新人
DeNA・戸柱恭孝インタビュー「今のポジションを譲るつもりはありません」

 

球団史上初となる新人開幕マスクを任され、3戦目には12球団新人1号となる本塁打を放ち、リード面でも試行錯誤しながら、ベンチの期待に応えている。“ラミレス野球の申し子”とも呼べるルーキー捕手に聞く。
取材・構成=滝川和臣、写真=桜井ひとし


夢をつかんだ遅咲きのルーキー


ドラフト4位の新人ながら、雰囲気は落ち着いている。それはそうだ。今年で26歳。高校、大学、社会人を経て即戦力捕手として入団。1年目から結果を残さなければならないことは分かっていた。ようやくつかんだあこがれの世界、沖縄キャンプから汗を流した――。

――プロの雰囲気には慣れましたか。

戸柱 慣れよう、慣れようと必死にプレーしているところです。初めのころに比べたら、少しは慣れてきました。

――開幕からスタメンで試合に出場していますが、現在のこの位置は想像していましたか。

戸柱 当然プロでやるからには、一軍、そして正捕手を目指してプレーしますが、まさか1年目からこうして試合に出られるとは考えていなかったですね。DeNAにはバネさん(黒羽根利規)さん、ジョー(高城俊人)、嶺井(博希)という一軍の経験がある捕手がそろっています。弱気になっているのではありませんが、まず一軍に残ること、一軍の試合に少しでも早く出場することが目標でしたので、スタメンで出場している今の状況に自分で驚いています。

――高校、大学を経て、社会人で3年。プロ入りまでに時間がかかりました。

戸柱 大学(駒大)ではプロ志望届を出さずに、社会人(NTT西日本)で力をつけて(ドラフト指名解禁となる)、2年目でのプロ入りを目指す道を選びました。しかし、2014年秋のドラフトは指名漏れ。正直、すごく落ち込みました・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング