週刊ベースボールONLINE

2016キャッチャー特集

現在の球界の捕手事情を探る

 

ここまで特集で登場した以外の球団、日本ハム西武オリックスヤクルト。この4球団の捕手事情はどのようになっているのか?ここで見ていこう。

日本ハム・大野&市川の併用策



 大野奨太と市川友也の併用が開幕から続いている。スタメン回数は大野が42試合、市川が23試合だが、途中出場で市川が出るパターンも多い。勝ち頭である有原航平が投げた10試合はすべて市川が先発するなど、相性も重視した起用となっている。今後この争いに加わりそうなのが近藤健介。打撃を生かすためにDHに専念していたが、今季は大谷翔平がDHに入るケースが多いため、出場機会が激減。その状況を打開すべく交流戦前に二軍で捕手での出場感覚を養い、6月14日から一軍再合流。18日の中日戦[ナゴヤドーム]で捕手でスタメン出場した。また大嶋匠もプロ5年目で捕手初出場。ソフトボールから転身した男の存在も、正捕手争いをさらに活性化させてくれそうだ。

西武・経験豊富な正捕手だが…



 昨オフもFA権を行使せずに2年契約を結んだ炭谷銀仁討正捕手としてチームをけん引する・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング