週刊ベースボールONLINE

2016ドラフト直前展望

社会人No.1右腕・山岡泰輔 アマ最高峰で磨いた即戦力

 

172センチ66キロの体型からは想像もつかないボールを投げる、そのギャップも魅力の一つ/取材・文=滝川和臣、写真=井田新輔、BBM


 ひと足早く“プロの洗礼”を浴びた。ドラフトまで3週間を切った10月3日、横浜DeNAベイスターズとの練習試合[横浜]に先発した山岡泰輔は初回、一番・桑原将志、二番・梶谷隆幸の連打を皮切りに、3回11安打5失点と打ち込まれた。しかし相手はCSを控え、心身とも最高潮のプロの一軍。ネット裏に陣取った10球団のスカウトは確認作業の一環であり、「1位候補」が揺らぐことはない。

10月3日、DeNAとの練習試合で3奪三振。初めてプロの一軍レベルを体感する貴重な機会となった


 素材が違う。対戦したラミレス監督は「体は小さいが強いボールを投げる」とこの試合、最速146キロのストレートを評価。打席に立った梶谷は「低めに決まるスライダーは独特」と語り、一流打者もうなった。山岡自身は「筒香(嘉智)選手にはボールを見極められ

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング