週刊ベースボールONLINE

2016年ドラフト総決算

オリックス1位・山岡泰輔(東京ガス・投手) プロの世界で証明する「小さな大エース」の矜持

 

高校時代もドラフト上位候補に挙がったが、プロ志望届を提出せずに社会人を選択。アマ最高峰の厳しい世界でプレーした3年間は財産だ


巨人・田口、楽天・松井同世代への熱きライバル心


 ダルビッシュ有(現レンジャーズ)が高校生離れしたスライダーを、ツイッター上で話題にした2013年夏の甲子園から3年が経過。山岡泰輔がいよいよ、プロのスタートラインに立った。ドラフト会議では12球団の先陣を切って、オリックスから「いの一番」で1位指名を受けた。

「食堂でみんなと(中継を)見ていて、びっくりすると同時に不安と緊張が一気に解けました」

 ドラフト直前、最後のアピールの場となった10月3日に行われた横浜DeNAベイスターズとの練習試合[横浜]では10球団のスカウトが見守る中、3回11安打5失点とプロの一軍を相手に失点を重ねた。ロペス、筒香嘉智をはじめとするDeNA打線はクライマックスシリーズを控え“仕上がった”状態だけに山岡の評価が崩れることはなかったものの「本当に指名されるのか……」という気持ちはどこかにあった。それだけに「高く評価していただきすごくうれしいですし、自分の中でも自信になりました」という言葉は正直な気持ちだろう。

 中野東小2年でソフトボールを始め、瀬野川中では軟式野球部に所属。瀬戸内高では1年秋からエースとなった。その名が全国に知れわたったのが3年の夏だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング