週刊ベースボールONLINE

開幕先発ローテを狙う有力ルーキーたち

衝撃の新人投手デビューランキング!

 

過去開幕直後、あるいは途中から先発に定着し、大旋風を巻き起こした新人投手は数多い。ここでは、その衝撃度からトップ10を選んでみた(編集部選定)。

怪童が快速球で席巻! 尾崎行雄(1962年東映)



 衝撃度第1位は、2年生夏に出場した甲子園で全国制覇。その快速球で“怪童”とも呼ばれた浪商高の尾崎行雄だ。中退して62年東映入団。スリークオーターからのすさまじいまでの快速球(変化球はほとんどなし!)でプロの猛者を抑え込み、終盤、指のマメで苦しみながらも20勝を挙げ、東映を初優勝に導いた。

史上最速の男が初の日本一を! 山口高志(1975年阪急)



 2位は松下電器から75年阪急入りした山口高志。史上最速とも言われる快速球は、尾崎同様、分かっていても打てない“魔球”だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング