週刊ベースボールONLINE

あの外国人選手いま、何をしてる?

元助っ人たちのセカンドキャリア パウエル(元中日ほか・外野手) はいま、何をしてる?

 

あの外国人選手はいまをしているのだろう──。ここでは現在MLBで指導者となっている元外国人選手を紹介しよう。元中日の助っ人で、あの「10.8」で中日の主軸を打ち、首位打者を3年連続獲得したパウエルだ。現在はアストロズで打撃コーチ補佐として青木宣親などをサポート。指導する中で日本での経験も大いに役立っているという。
文=樋口浩一、写真=BBM、樋口浩一

1992年シーズン途中の5月に中日に加入。1年目から3割を打ち、ドラゴンズ打線の中心選手となった


「10.8」が一番の思い出


1992年、中日は故障したマーク・ライアルの代わりに、シーズン途中ながらマリナーズ傘下3Aカルガリーからアロンゾ・パウエルを獲得。パウエルは、出場機会を求めており、中日移籍は“相思相愛”だった。94年からは3年連続でセ・リーグの首位打者に輝く活躍を見せるなど、中日の主軸として6年、最後の1年(98年)は阪神でプレーした。

 今でも忘れられないのは日本での初めての試合だね。ナゴヤ球場での巨人戦だった(92年5月23日、中日5対4巨人。三番・右翼で出場し5打数無安打)。相手の巨人は中日の宿敵だし、スタンドは満員だったし、とても興奮したことを覚えている。

 ただ、一番の思い出といえば、やはり94年10月8日のナゴヤ球場の巨人戦だね。首位に並んだまま公式戦最終戦で激突し、勝ったほうが優勝というあの試合だよ(10.8)。日本のプロ野球の歴史で最も大きな試合のひとつだろうね(中日3対6巨人で巨人がリーグ優勝。五番・中堅で出場し3打数2安打)。残念ながら負けてしまって、僕にとっては輝かしい日本での7年間で最も悔しい経験だったけど、あの試合に出場できたのは最も素晴らしい経験だった。

 試合のほかにも日本の球場には多くの思い出があるね。まずは98年に移籍した阪神の本拠地、甲子園。観客の熱気とあの雰囲気は本当にすごかった。それに打者としても甲子園はいい球場だった。広島(市民球場)も打者にとっていい球場だったよ。もちろん、横浜(スタジアム)も神宮も東京ドームも、みんな僕にとってもいい思い出ばかりだけどね。

 日本でプレーを続けていく中で感じたのは、やはりアメリカと日本では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング