週刊ベースボールONLINE

再び世界に旋風を!日本人メジャー特集

日本人メジャーの系譜。「夢のまた夢」から「ボーダーレス時代」へ先駆者たちはいかに挑戦を続けたのか

 

かつては「大リーグ」のほうが通りがよかった。日本人とは比べものにならぬほどのパワーと技術を持った“怪物たち”が君臨する別世界だと思われていた。しかし、そこに多くの日本人選手たちが挑み、いまや完全に「ボーダーレス時代」となった。


第1号マッシー村上登場


 日本人メジャーの元祖は1964年、サンフランシスコ・ジャイアンツの村上雅則だが、それ以前にも可能性がなかったわけではない。古くは35年、まだプロ野球のリーグ戦が始まる前だ。34年の日米野球でメジャー・リーガーに強烈なインパクトを与えた巨人沢村栄治が、アメリカ遠征中にファンがサインを求めたと勘違いし、カージナルスのスカウトが差し出した契約書にサインをする“事件”があった。無効を主張した巨人に、そのスカウトは米コミッショナーに訴えると言ったが、巨人は米球界に加盟しているわけでもなく、脅しにもならなかったという。

契約第1号?は沢村栄治/写真は1936年


 51年には、“フォークボールの神様”中日杉下茂が契約寸前まで行った。同年の開幕前、杉下は巨人・川上哲治らと一緒にマイナーのサンフランシスコ・シールズの春季キャンプに野球留学。中日とシールズの間には、そのまま1年間、杉下をアメリカでプレーさせる口約束があったらしい。杉下は「当時のアメリカは人種差別がひどくてイヤだった」と拒否したが、現地のオープン戦でアメリカのバッターが打てなかっただけでなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング