週刊ベースボールONLINE

時代を変えた若者たち

時代を変えた若者たち 1995年松井稼頭央(西武)の場合

 

当初はプロの厚い壁に苦しんだが、スイッチ転向から道が開ける。抜群の身体能力で、スターへの道を一気に駆け上がった。

躍動という言葉がよく似合う選手だった


圧巻の身体能力で一気にブレーク


 42歳、球界のレジェンド、西武松井稼頭央が、ド派手なブレークを果たしたのは、21歳で迎えた96年の日米野球だった。

 第5戦から田中幸雄(日本ハム)の代役で出場すると、以後18打数10安打、5盗塁をマークし、メジャー関係者からも絶賛された。さらに97年1月に放映された『筋肉番付』には、今度はチームメートの高木大成の代役で参加。ハンサムで少しヤンチャそうな顔、ユニフォーム姿では分からなかった体操選手のような筋肉、そして驚異的な身体能力を見せつけて優勝を飾り、女性ファンを中心に人気が爆発した。

 同年春のキャンプのインタビューでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング