週刊ベースボールONLINE

新進気鋭メーカーがこだわるグラブの真髄

GLOVE STUDIO RYU・松坂大輔使用で注目度アップ!斬新な素材使いと美しい仕上がりのグラブ/新進気鋭メーカーがこだわるグラブの真髄

 

「GLOVE STUDIO RYU」は中日松坂大輔が使用していることで一躍注目を集めているグラブメーカーだ。その魅力とこだわりを紹介していこう。
取材・文=坂本匠

中日・松坂大輔


構想10年デビュー1年。日本で“一番狭い”工房


 岐阜県内のとある住宅密集地の一角、ここにいま、ドラゴンズファンそしてグラブ好きたちの熱い注目を集める『GLOVE STUDIO RYU(以下、RYU)』の工房がある。家業の事務所の一部を間借りしたという作業場は、お世辞にも広いスペースとは言えないが、メンテナンスの施された機械や、グラブに使用される革などが整頓され、掃除の行き届いた空間には清々しい空気が流れている。

「ひょっとしたら、日本で一番狭いグラブ工房かもしれませんね」

 出迎えてくれた河合龍一氏が笑う。この春、中日に入団した松坂大輔が、4月4日のペナントレース初登板で使用したことで、さっそくネットを中心に「どこのグラブ?」と話題となった『RYU』の代表であり、グラブ作りのすべての工程を独りで行う31歳の若き職人である。

 龍の頭部を、しなやかかつ力強いタッチで表現したラベルが特徴的な『RYU』は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング