週刊ベースボールONLINE

名捕手スペシャル対談

名捕手対談 谷繁元信(元大洋・横浜、中日)×里崎智也(元ロッテ) チームを勝利に導く捕手とは?

 

史上最多の3021試合、捕手としても最多の2937試合出場を誇る谷繁元信氏と、2005、10年の日本一、06年のWBC優勝とチームを頂点に導いてきた里崎智也氏。「チームを勝利に導く捕手」をテーマに、2人の名捕手が語り合う。
取材・構成=杉浦多夢 写真=BBM


【テーマ1 試合に出る条件】「捕る」「止める」「投げる」そして「打つ」


──今回「チームを勝利に導く捕手」というテーマでお話をうかがっていきますが、どんな条件が求められるでしょうか。

谷繁 まずは試合に出ないと話にならないわけだから。自分がスタメンで出たときの勝率を上げるっていうことだよね。勝率を上げるために何をしなければいけないかというと、すべてになる。キャッチングからブロックまで受けること全般、スローイング、盗塁阻止。その先に相手打者の研究、チームのピッチャーの把握。そういうものをすべてやらなければならないよね。

里崎 リードの評価は数字で計れませんからね。周囲は「いいリード=勝つこと」と評価しますから。だから試合に出るためというところで言うとキャッチング、ブロッキング、スローイングの3つだけですよ。

谷繁 あえて順位づけするならまず「捕ること」。ピッチャーに嫌がられないキャッチングができるか。次に盗塁をしっかり刺せるか。ピッチャーがモーションを盗まれたときは無理だけど、しっかりクイックをしたときは3、4割くらい刺せないと。

里崎 そうですね。だからキャッチングが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング