週刊ベースボールONLINE

隠れた5人の逸材球児

益子京右(青藍泰斗高・捕手) 謙虚さと強気が同居する強肩強打の大型捕手

 

高校3年間で一度も甲子園の土を踏めずとも、プロで輝きを放つ選手は多数いる。今秋ドラフトでも、甲子園“不出場”の逸材球児もスカウトから熱視線を注がれている。その中で本誌が注目する隠れた逸材5人をクローズアップしよう。
取材・文&写真=佐伯要


研究熱心さと強気の姿勢


 捕球してから、送球が二塁へ到達するまでのタイムが2秒を下回れば、捕手として合格。1秒9以下なら一流と言われている。

 栃木・青藍泰斗高で『四番・捕手』を務める益子京右の送球タイムは1秒72。プロのトップクラスで“甲斐キャノン”と称されるソフトバンクの捕手・甲斐拓也の1秒71に匹敵するタイムだ。送球も正確で、安定している。

 益子は、その甲斐を目標としている。「甲斐さんのように、強肩で有名になりたい。益子キャノン? そんな感じがいいですね(笑)」。

 どうしたら捕ってから早く投げられるか。自分で考え、送球動作を追求した。たどり着いたのが、捕球と同時に左足を前に出して、かかとから着地させる動きだった。捕球後は球の勢いをミットで吸収するイメージで、最短距離でトップの形を作っている。

 甲斐が二塁へ送球する動画を何度も見た。そのとき、自分が実践している動きと重なっていることに気がついた。「やってきたことは正しかった」と自信になったという。

 この最大のセールスポイントに加え・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング