週刊ベースボールONLINE

12球団最新戦力分析

DeNA・若手の台頭により戦力は確実に底上げ/2019戦力分析&順位予想

 

3月29日の2019年シーズン開幕に向け、今後はオープン戦が本格化していくが、果たして、現時点で優勝候補の筆頭格はどのチームになるのか。順位予想や各チームの戦力分析も交えて、シーズンの行方を占っていこう。
※情報は2月20日時点

飯塚、京山に続けとばかりに、2月20日、ロッテとの練習試合ではドラ1上茶谷大河が2回無失点と完璧なデビュー


先発投手陣の駒数はそろう


 他球団と比較して大きな戦力補強を行わず、2019年シーズンに臨むDeNA。投打ともに戦力がそろっていることの表れであり、個々が100%の力を発揮できれば優勝争いも可能だろう。しかし、そううまくいかないのが野球の難しさであり、醍醐味でもある。実力のある選手がそろいながらも、スランプやケガなど「まさか」の事態に陥ったのが昨シーズンだった。その反省をふまえて、キャンプでは監督、コーチが選手のパフォーマンスを冷静に見極めようとしている印象が強い。

 投手陣では飯塚悟史京山将弥の右腕2人が順調な仕上がりをアピール。2月17日の巨人との練習試合(那覇)ではともに3回を投げ、自責点0。飯塚148キロ、京山149キロと昨シーズンより球速が上がり、さらにスピードガン以上にボールに力強さが感じられた。丸佳浩坂本勇人ゲレーロといったリーグを代表する強打者に対してもストレートで押し込み、ファウルでカウントを稼げたことは収穫だろう。この2人に平良拳太郎阪口皓亮を加えた「高卒右腕カルテット」の成長は著しく、石田健大今永昇太濱口遥大東克樹の「大卒左腕カルテット」の競争心に火をつけることで、先発投手陣全体がレベルアップに向かう好循環が生まれている。

 オープン戦が始まり、実戦の中で整備していかなければならないポジションが、二塁、右翼となる。今シーズンは基本的に昨季の本塁打王・ソトが二塁を守る方針だが、守備の負担を考えると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング