週刊ベースボールONLINE

12球団最新戦力分析

西武・競争でチーム力を上げて連覇を狙う/2019戦力分析&順位予想

 

3月29日の2019年シーズン開幕に向け、今後はオープン戦が本格化していくが、果たして、現時点で優勝候補の筆頭格はどのチームになるのか。順位予想や各チームの戦力分析も交えて、シーズンの行方を占っていこう。
※情報は2月20日時点

新人の山野辺ら若手が実戦でアピール。多くのポジションで競争が生まれている


実戦で若手が躍動。開幕までサバイバル


「若手は必死で戦っている」と辻発彦監督は満足げに笑みを浮かべた。今季初の対外試合となった2月20日、台湾・統一戦後のことだ。5対3で勝利した試合は、若手が躍動した。

 先発はB班キャンプで調整してきた高橋光成。一発は打たれたが最速152キロをマークするなど3回1失点、2番手の伊藤翔も3回1失点で続いた。野手では途中出場したドラフト3位の山野辺翔が7回一死一、二塁で左中間へ2点適時打、愛斗も2安打をマーク。翌日の同カードでは4回に登板した廖任磊が最速152キロで打者3人をすべて空振り三振の快投。ドラフト6位の森脇亮介は8回に登板し、打者3人すべてを内野ゴロに仕留める実戦的なピッチングを披露した。

 昨季優勝の原動力となった浅村栄斗菊池雄星炭谷銀仁朗の3人がチームを去った今季。戦力低下が懸念されたが、辻監督は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング