週刊ベースボールONLINE

2019プロ野球開幕スペシャル

【開幕カードの焦点】広島対巨人 丸を4打席4三振!先手先手の勝負球選択

 

開幕カードでは例年になく濃密な攻防が繰り広げられた。この3連戦から前半戦を読み解くカギを拾っていこう。
写真=前島進

Cの焦点 バッテリーの配球術


丸のほか、三番・坂本勇も3打席目まで抑え込み、8回7安打無失点。大瀬良はエースとして、巨人の新打線に勢いをつけさせないという役割をしっかりと果たした


 打たせてはいけない相手は、分かり切っていた。

 いきなり、優勝争いの最大の強敵と目される巨人との開幕戦。今季の空気が形作られる一戦ともいえ、どう考えても143分の1ではない。

 その相手とは、もちろん三番の丸佳浩だ。広島にも、巨人にも、「去年との違い」を象徴する存在。丸が打ち、巨人が勝つようなら「今年は去年までと違う」というムードが、敵にも味方にも生じる。ここは全力で抑えにかかるしかない。

 そして結果、4打席4三振となったのはご存じのとおり。各打席の勝負球を見ると、広島の開幕投手となった大瀬良大地がいかに丸との対戦に力を尽くしていたかが見えてくる。

 第1打席。カウント1-2から勝負球に選んだ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング