週刊ベースボールONLINE

令和の「新怪物」を探せ!

プロ野球 平成怪物カタログ 松井秀喜、野茂英雄、イチロー、大谷翔平ほか

 

平成をにぎわせた多くの怪物たち。プロ野球界のOB&現役を合わせて紹介する。
写真=BBM、GettyImages


怪物は海を渡る?


 怪物……、それは従来の常識をいとも簡単に突き抜けてしまう存在である。昭和のプロ野球であれば、868号本塁打の王貞治(元巨人)、400勝投手、金田正一(元国鉄ほか)、シーズン401奪三振の江夏豊(元阪神ほか)、三冠王3回の落合博満(元ロッテほか)らがいる。

 昭和と平成の怪物の違いは、全員ではないが、世界基準の体格を備え、海を渡るという選択肢ができたことだ。トルネード投法の野茂英雄、160キロに迫った伊良部秀輝、大魔神・佐々木主浩、史上最高のヒットメーカー・イチロー、ゴジラ・松井秀喜……。彼らはメジャーの舞台でも、日本時代とそん色ない実績を残し、同時に、言動から、日本球界のレベルへの物足りなさも垣間見えた。

野茂英雄[元近鉄ほか]


 日本ハム在籍7年間で93勝、入団3年目の2007年から5年連続防御率1点台を続け、通算防御率は驚異の1.99。平成を代表する怪物エース、ダルビッシュ有は、それをはっきり口にした。11年オフ、レンジャーズ入団会見での言葉だ。

「フェアな戦いをしていないんじゃないかという気持ちがどこかにあった。野球をやるうえで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング