週刊ベースボールONLINE

プロ野球平成記録集計号

岩瀬が唯一400S超え。宮西は今季、前人未到の300H/セーブ・ホールド平成ランキング

 

令和時代が始まり、平成が終わった。平成時代にはプロ野球界でもさまざまな選手が活躍を見せた。今号では、さまざまな記録のランキングとともに、平成年代のプロ野球を数字で振り返ってゆく。ここからは投手編。平成時代は、投手の球速もどんどん上がり、幾多の鉄腕投手、剛腕投手がマウンドを彩った。一方で、小さく鋭く動かす変化球が主体になるなど投球術も変化し、技巧派投手も技の冴えを見せた。
※通算記録の表の選手の名前の表記と所属は平成31年4月30日時点(NPB現役は現所属。その他はNPB一軍出場最終所属)。表中☆は2019年のNPB現役選手、+は昭和時代にも実働成績のある選手。年数は実働

岩瀬仁紀は4度の最多セーブに輝き、2005年の46セーブはリーグ記録


【セーブ】岩瀬が唯一400超えサファテはシーズン54S


 セーブは1974年に制定され、昭和時代は15年間しか記録がなく平成時代は30年間あるため、プロ野球全体の記録でも平成で活躍した選手が上位を占めている。

 トップは最多登板の岩瀬仁紀で407セーブ。2位の高津臣吾の286セーブに121もの差をつけてのダントツの1位だ。また左投手のストッパーは少ないのが特徴で、岩瀬の次はランキング21位の松井裕樹の109セーブまでいない。

 シーズンのトップは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング