週刊ベースボールONLINE

2019変化球特集 カーブ編

あの大きな曲がりをもう一度 カーブの握り図鑑〜現役投手編〜

 

現役投手のカーブの握りを紹介する。緩急をつけるためのカーブを投げる投手。鋭く落ちていくパワーカーブを操る投手などさまざま。十人十色の握りを見ていこう。
※成績は2019年5月23日現在

巨人菅野智之

右投右打 186cm/95kg 7年目


 菅野といえばスライダーやワンシームが変化球の代名詞だが、カーブは大小の2種類を操っている。使用比率は9%と少ないが、その分、打者の意表を突くケースが多く、使用したときの威力は大きい。バットに当てられると半分以上はゴロアウトとなる球種だ。

【小さいカーブ】

パワードロップ系


【大きいカーブ】

ドロップ系


ソフトバンク千賀滉大

右投左打 186cm/84kg 8年目


「千賀=お化けフォーク」という代名詞があるが、カーブも投げている。ただし、横変化はスライダーも投げ、現状ではわずか1%の割合で投げるのがこのカーブ。貴重な千賀の握り写真と言え・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング