週刊ベースボールONLINE

なるか4連覇!広島勝負の夏

4連覇は我らの手で逆襲の若鯉 床田寛樹、山口翔、アドゥワ誠、島内颯太郎、遠藤淳志

 

セ界制圧の5月の後、屈辱の交流戦となった。しかし、苦しい戦いの中にもいくつも光明は見えてきた。いつであれ、時代を変えてきたのは、恐れを知らぬ若者たちの力だ。

床田寛樹投手 遅れてきた左腕エース候補


写真=松村真行


 久びさに登場したカープの日本人左腕エース候補だ。2017年入団で、開幕から先発ローテ入りしながら左ヒジの故障で長期離脱。手術を経て今季から一軍復帰し、4月6日には2年ぶりの勝利投手となった。4月は月間4勝無敗、防御率0.93をマークも6月14日の楽天戦(楽天生命パーク)では2回途中7失点KO。ベンチで涙を見せた。20日のロッテ戦(マツダ広島)では6回を4安打無失点。勝敗はつかなかったが、手ごたえは得たはずだ。

アドゥワ誠投手 覚醒前夜の長身右腕


写真=前島進


 196センチの長身右腕。高卒3年目で2018年はリリーフで53試合に登板し、今季も中継ぎスタートだったが、4月末から先発に回り、5月12日のDeNA戦(マツダ広島)でプロ入り初完投勝利を飾った。母の日でもあり、お立ち台では「お母さん。俺、やったよ!」と叫び、球場を沸かせた。その後、不振での二軍落ちをへて、6月22日のオリックス戦(マツダ広島)で先発復帰・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング