週刊ベースボールONLINE

なるか4連覇!広島勝負の夏

広島・鈴木誠也 最強の四番打者への道程/攻撃の3人の要

 

まさにチームの看板としてどっしり君臨。ただ、それだけに勝利の喜びとともに敗北の責任も負う。カープ史上最強の四番へ。道はまだ途上だ。
文=江尾卓也(スポーツニッポン新聞社) 写真=前島進


 着弾先はバックスクリーン左だった。5月15日のマツダ広島。7対7の延長10回一死一塁で、ヤクルト中尾輝のフォークをとらえた打球は、スタンドのファンの巨大なうねりを呼んだ。劇勝を呼ぶ13号。「最高でーす!」。鈴木は決めぜりふを3度絶叫し、必殺の一撃を振り返った。

「フォークの落ちがいいのは頭にあったので、がっつかず後ろにつなごうと思った。手応えは良かったです」

 プロ野球タイ記録の4年連続サヨナラ弾。通算5本目で、山本浩二の球団記録にも並んだ。特筆事項はまだある。先頭打者の8回にもバックスクリーンへ12号。5点差大逆転の口火を切ると、9回一死一、二塁でも適時打をセンターへ運び、同点劇に貢献した。

 2発を含む4安打5打点。この時点でリーグ3冠に躍り出た。鈴木の進化を象徴する試合。打球方向に、昨季までとは顕著な変化が現れている。センターから右へ―。6月23日の時点で放った75安打のうち、半分以上の60%に当たる45本がその方向への打球だ。

 昨季までは「ボクはどちらかと言うと、左中間に引っ張り込んで打つタイプ」とし、プルヒッターを自認していた。事実、昨季の安打135本のうち、左方向へのそれは86本を数え、中堅から右へは36.3%の49本に過ぎなかった。

「打席での意識は去年と同じ。後ろへつなぐ。それだけです。センターへ打とうと意識したことはないし、その方向への打球が増えた感覚もない。もちろん、本塁打を狙うこともないです」

 伏線はあった。昨秋10月30日、日本シリーズ第3戦(ヤフオクドーム)。ソフトバンクの左腕・ミランダからソロ本塁打を放った打席がそれだ。アウトハイの直球。それを“引っ張り込む”ことなく、敵地の右翼スタンドまで持っていった。後日、鈴木はこう語っている。

「思っていたスタイルとは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング