週刊ベースボールONLINE

勝ち抜くのはどちらだ!? CSファーストステージ全方位戦力分析

ソフトバンク・V逸の悔しさをバネに短期決戦シフトへチェンジか!?

 

西武とのデッドヒートに敗れたソフトバンクが、2年ぶりにCS進出を果たしたソフトバンクを迎え撃つ。

今年も“短期決戦ならでは”の戦い方が見られるか


 優勝は逃したが、気持ちを切り替えて2年連続“下克上”での日本一3連覇を目指す。ファーストステージを戦う楽天に対してはレギュラーシーズン13勝12敗と勝ち越してはいるものの、25試合のうち、1点差が10試合、2点差が5試合、3点差が4試合と競った試合が多かった。CSでも接戦が想定される中で、8勝5敗の本拠地・ヤフオクドームで迎え撃てるのは大きい。大声援が選手たちを後押しする。

 接戦をものにするため、まず大事なのは“先に失点しないこと”。それゆえ、先発陣のゲームメークがカギを握る。第1戦はエース・千賀滉大、第2戦はバンデンハーク、第3戦は高橋礼が予想されるが、バンデンハークはケガの影響で今季3試合の登板にとどまり、楽天戦での登板はないため未知数。そうなると、第1戦は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング