週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位指名選手は誰だ!

楽天・過去には大物をゲット!石井GMが雪辱を期す/12球団ドラフト会議戦略を探れ!

 

いよいよ間近に迫ってきた2019ドラフト会議。ここでは過去の指名傾向と抽選の“強さ”を振り返りながら、今年の12球団のドラフト戦略と1位指名を展望していく。
写真=BBM

5球団競合で引き当てた松井[13年]は、今や絶対的クローザーだ


 石井一久GMがドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡高)を初めて視察したのは、8月26日に行われた侍ジャパン高校代表の壮行試合、大学代表との一戦だった。「良い球を投げていましたね。即戦力に近い、未完の大器。プロに入ってもトップレベルの選手に育つことは間違いない」と太鼓判を押した。その上で獲得した際の育成プランまで披露。「場数を踏ませるプランを作らないといけない。下で使えば育つものではない」と定期的な一軍昇格案を示した。

 また、10月4日には宮越徹スカウトが大船渡高を訪れ、佐々木、國保陽平監督、吉田小百合部長、母・陽子さんと面談を行った。具体的な内容については伏せられたが、宮越スカウトは「プロ野球がこんな世界という話をした」。約50分間の話し合いでは、本人からも質問があったという。「日本球界として、どうやって育てていくかということなので」と、そのアピールを行ったようだ。

 ただし、抽選は避けられない状況で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング