週刊ベースボールONLINE

新たなる戦力図を読み解け!

ロッテ・鈴木残留とドラ1の早期一軍戦力化が理想/12球団の2020プラン

 

ヤクルト広島楽天の新監督が発表され、各チームのスタッフの顔ぶれも続々と固まってきた。ドラフトを経て、今後はFA選手の争奪戦やトレード、新外国人の獲得へと局面が移っていくが、だんだんと各球団が描く、2020年の陣容の青写真が見えてきた。それぞれのチームの新機軸は?そして戦力アップを果たしそうなのはどのチームか?12球団のプランを読み解いていく。
※状況は11月2日現在。2020年戦力見込みは編集部による

鈴木がいるといないとではチーム編成から戦略的なやり繰りまで多くのものが変わる


 最大の懸案事項は国内FA権を行使した鈴木大地の動向だ。今季は一塁を中心に内野全ポジション&左翼も守りながらキャリアハイの数字を残し、“スーパーユーティリティー”と呼ぶべき存在へ変貌を遂げた。流出となれば戦力ダウンは必至な上、戦略・戦術の両面において井口資仁監督の采配の幅も狭まることになる。誰もが認めるリーダーであり、ベンチに及ぼす影響も計り知れない。球団は宣言残留も含めて全力で慰留に努めているが、すでに争奪戦の様相を呈しており、流出も視野に入れながら編成を進めなければならないだろう。

 一方、同じく国内FA権を取得していた抑えの益田直也、斬り込み隊長の荻野貴司は残留。レアードとも新たに2年契約を結び、チームの骨格は維持できる。鈴木が抜けた場合・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング