週刊ベースボールONLINE

新たなる戦力図を読み解け!

ロッテ・鈴木残留とドラ1の早期一軍戦力化が理想/12球団の2020プラン

 

ヤクルト広島楽天の新監督が発表され、各チームのスタッフの顔ぶれも続々と固まってきた。ドラフトを経て、今後はFA選手の争奪戦やトレード、新外国人の獲得へと局面が移っていくが、だんだんと各球団が描く、2020年の陣容の青写真が見えてきた。それぞれのチームの新機軸は?そして戦力アップを果たしそうなのはどのチームか?12球団のプランを読み解いていく。
※状況は11月2日現在。2020年戦力見込みは編集部による

鈴木がいるといないとではチーム編成から戦略的なやり繰りまで多くのものが変わる


理想:鈴木残留とドラ1の早期一軍戦力化
不安:補強が進まずスケールダウン

 最大の懸案事項は国内FA権を行使した鈴木大地の動向だ。今季は一塁を中心に内野全ポジション&左翼も守りながらキャリアハイの数字を残し、“スーパーユーティリティー”と呼ぶべき存在へ変貌を遂げた。流出となれば戦力ダウンは必至な上、戦略・戦術の両面において井口資仁監督の采配の幅も狭まることになる。誰もが認めるリーダーであり、ベンチに及ぼす影響も計り知れない。球団は宣言残留も含めて全力で慰留に努めているが、すでに争奪戦の様相を呈しており、流出も視野に入れながら編成を進めなければならないだろう。

 一方、同じく国内FA権を取得していた抑えの益田直也、斬り込み隊長の荻野貴司は残留。レアードとも新たに2年契約を結び、チームの骨格は維持できる。鈴木が抜けた場合も今季はイースタンで本塁打、打点、安打でリーグトップの数字を残した安田尚憲がおり、同期のヤクルト・村上宗隆のブレークが「自分にとって大きな刺激となった」と口にしているだけに、未来の四番候補が覚醒のシーズンとすることができれば、鈴木流出のダメージはプラスに反転するはずだ。

 野手における補強のターゲットはFA宣言をしたソフトバンク福田秀平。外野陣が軒並み30代半ばに差し掛かる中で右翼のレギュラーを任せることができれば理想的だ。コンディションに不安があった二塁・中村奨吾のバックアップも担えるユーティリティーはチーム事情にマッチする。藤岡裕大平沢大河が突き抜けられない遊撃の刺激剤として、阪神を退団した鳥谷敬にも興味を示している。

 来年で26歳の正捕手・田村龍弘が最年少だった捕手にはドラフト2位で“打てる捕手”佐藤都志也(東洋大)を加えた。第2捕手の柿沼友哉も打撃は物足りず、外野にも対応可能な佐藤がレギュラー獲りをうかがうようであれば厚みは増す。

 先発陣は二木康太に続き種市篤暉岩下大輝といった若き右腕が飛躍を遂げ、ドラ1で佐々木朗希(大船渡高)を引き当てたことで近未来の投手王国が見えてきた。球団はじっくり育成する方針だが、夏前に一軍戦力になるようなら投手王国の到来を前倒しすることができるだろう。FAの楽天・美馬学にも食指を動かしており、理想どおりに事が運べば、今季は不調に苦しんだエース格の涌井秀章でさえ先発ローテから弾き出されるかもしれない充実の布陣となる。

担当イチ推し期待株・佐々木朗希 いつ一軍戦力に?



 大きな注目を集める163キロ右腕の育成には球団も慎重を期すだけに、まずは体調管理や体づくりを全力サポートしていく。井口資仁監督は春季キャンプの一軍スタートも示唆したが、あくまで「状態を把握するため」。それでも才能に疑いはないだけに、夏場をメドとしながら早期に一軍戦力となればチームにとって大きなプラスとなる。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング