週刊ベースボールONLINE

新たなる戦力図を読み解け!

阪神・打てる助っ人と現有戦力の超レベルアップ/12球団の2020プラン

 

ヤクルト広島楽天の新監督が発表され、各チームのスタッフの顔ぶれも続々と固まってきた。ドラフトを経て、今後はFA選手の争奪戦やトレード、新外国人の獲得へと局面が移っていくが、だんだんと各球団が描く、2020年の陣容の青写真が見えてきた。それぞれのチームの新機軸は?そして戦力アップを果たしそうなのはどのチームか?12球団のプランを読み解いていく。
※状況は11月2日現在。2020年戦力見込みは編集部による

大山が今季の経験を生かし、来季四番に座り続ける活躍をするようだと新助っ人とともに猛虎打線を復活させることができるはずだ


 ドラフトでは5位まで高校生を指名。矢野燿大監督の「夢を追いかけましょう」のひと言で育成中心の指名となった。これは今季起用した若手で来季戦っていく表明でもあった。

 その中で、懸案事項は四番を任せられる、もしくは四番を任せる大山悠輔をサポートでき、主軸を打てる右の大砲助っ人だ。まだまだ粗削りな部分がある大山を、四番に育てるには、彼をサポートできる打力の持ち主が必要。ベテランの糸井嘉男はケガの不安がある。また・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング