週刊ベースボールONLINE

12球団プレーヤーズ完全ファイル

主力投手の全球種割合付き 2019西武 プレーヤーズ完全ファイル【投手編】

 

11 今井達也(投手/先)

高卒3年目の今季、フォームで試行錯誤を重ねながら先発ローテーションの一角を務め、チーム最多の135.1回を投げて7勝を挙げた

【2019】23試合、135.1回、7勝9敗0S0H、防御率4.32、被安打127、被本塁打16、与四球72、105奪三振、奪三振率6.98、自責点65
【名鑑】(1)1998.5.9生=21歳(2)右右(3)180cm70kg(4)栃木(5)作新学院高-西武17[1]=3年(6)1800△(7)18.6.13ヤクルト=メットライフ(8)19年5月5日の楽天戦[メットライフ]で自身初完封が令和完封一番乗り(9)安室奈美恵(10)A


13 高橋光成(投手/先)

終盤に右ヒジ違和感で離脱も初の2ケタ勝利。調子の良し悪しを自身で確認できるようになり、好調の持続と不調の短縮につながった。

【2019】21試合、123.2回、10勝6敗0S0H、防御率4.51、被安打144、被本塁打13、与四球47、90奪三振、奪三振率6.55、自責点62
【名鑑】(1)1997.2.3生=22歳(2)右右(3)190cm97kg(4)群馬(5)前橋育英高-西武15[1]=5年(6)1850▼(7)15.8.2ソフトバンク=西武プリンス(8)15年8月23日のロッテ戦[西武プリンス]でプロ初完封勝利(9)既婚(10)B


21 十亀剣(投手/先)

これまでより7割の力で投げ、バランスのいい投球フォームを意識することで球速は落ちたが制球力などは向上。5勝に終わったが・・・

【名鑑凡例】(1)生年月日=年齢[2019年の満年齢](2)投打(3)身長・体重(4)出身地(5)球歴・入団経路。[]内数字はドラフト指名順位※02年以降の入団選手は巡目、06〜08年は高校生・大学生・社会人それぞれのドラフト巡目、自は自由獲得枠、希は希望入団枠、外はドラフト外での入団。育は育成選手として登録。外国人選手の経歴は入団年及びメジャー出場チーム=プロ[NPB]在籍年数(6)19年推定年俸[単位は万円、昨年比△は増、±は同額、▼は減](7)初出場、初登板年月日、相手=球場(8)主なタイトルと受賞年度。ノンタイトルの場合は思い出のシーンなど(9)既婚。独身者は好きなタレント、理想のタイプ(10)血液型

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング