週刊ベースボールONLINE

2019プロ野球記録集計号

阪神・近本光司 61年前の長嶋茂雄と比較。試合安打のペースはどっちがすごい?

 

9月19日、出場試合136試合目で阪神近本光司が、新人として年間154安打目を放った。巨人長嶋茂雄(巨人終身名誉監督)が持っていたセ・リーグ新人安打記録を61年ぶりに更新だ。あのレジェンドの記録を抜くとは……。153安打目までの近本の安打ペースを長嶋の新人年と比較していく。
写真=BBM

9月19日の第1打席で右前打を放って、154安打としセ・リーグ新人安打記録を作った


153本の安打ペースは近本と長嶋はほぼ同じ


 偉大なレジェンドに並び、そして抜き去っていった。新人の安打記録で阪神のルーキー・近本光司が巨人の長嶋茂雄の持つ153安打の記録を塗り替え、最終的に159安打を放った。この記録をオールドファンは「当時と試合数が違うから」とあまり認めたくないような風潮があるようだが……。

 そうであれば、近本が153安打を放った時点までと長嶋の1958年の安打ペースを比較をしてみよう、と考えた。もちろん一番や二番が多かった近本と、主に三番、四番を打っていた長嶋では、1年間のトータルでの打席数や打数に違いが出てくる。

 そこを比較しても仕方ないため、今回はどれくらいのペースでヒットを打ち続けたのかを比較する。2人とも開幕戦後からルーキーとは思えない打撃で順調に安打を放ち続け、レギュラーに定着。長嶋は130試合で153安打を放った。

 一方・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング