週刊ベースボールONLINE

2019プロ野球記録集計号

コスパで比較 2019年、最も“おトク”なのは誰だ!?

 

活躍すればするほど、おカネを稼ぐことができるのがプロ野球だ。まだまだ“安い”若手が、“高い”ベテランを凌ぐ活躍をすれば、コストパフォーマンスの良さは、若手に軍配が上がる。では、誰が一番“お得”だったのか──。今季の推定年俸と成績を照らし合わせ、「コスパ」を比較してみた。
※年俸の金額はすべて推定


コスパNo.1は村上


 スペースの都合もありベスト5までだが、各部門でコストパフォーマンスの良い選手をランキング形式で紹介する(下表)。年俸は、さまざまな成績を総合的に評価して決められるが、ここでは分かりやすく安打数などの成績で年俸を割り、1あたりの金額を算出。さらに“コスパベストナイン”も選出した。

 ランキング表を見て分かるように、本塁打部門、打点部門で今年のセ・リーグ新人王である村上宗隆(ヤクルト)が2冠に輝いた。ちなみに村上は全143試合に出場。1試合あたり5.6万円、1打席あたり1.4万円と、こちらも1位。コスパ王は、間違いなく村上だ。

 そんな村上を抑えて安打部門1位に輝いたのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング