週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト注目選手クローズアップ【大学生編】

山崎伊織(東海大・投手) 153キロ右腕が操る「伝家の宝刀」

 

高校時代は3年春のセンバツ初出場でチームは8強進出も、3番手投手だった。大学進学後に急成長を遂げ、153キロ右腕はドラフト上位候補に名を連ねる。
取材・文=岡本朋祐 写真=大賀章好


 どんな場面でも頼りになる、お守りのようなウイニングショットを持っている。山崎伊織が東海大入学後に習得したカットボールだ。

「スライダーは127、8キロで浮く感じ。真っすぐに近い球筋で、そのまま落ちる変化球がほしかったんです。握りとかを自分で微調整しながら、今の形になりました。真っすぐがいかなくても、カットボールならばカウント、空振りが取れる。安定して好不調の波が少ない球種です」

 1990年代のプロ野球から連想するならば、変化量の違いはあるが、ヤクルト伊藤智仁のスライダーのようにブレーキが利いた鋭い変化。NPBスカウトが「特殊球」と、魔球扱いにする伝家の宝刀が山崎の武器だ。

「すみません。現役時代の伊藤さんのピッチングを見たことがなくて……。あっ! 『パワプロ』(実況パワフルプロ野球)にはいました。あのスライダーは、ごっついですよね」

 兵庫県神戸市生まれ。3歳で明石市に移り住み、野球を始めた小学1年時から投手一筋。中学時代の明石ボーイズを通じて目立った実績はないが唯一、大舞台を経験したのは3年時に関西選抜でプレーしたことだ。

「箕面ボーイズの寺島(寺島成輝、履正社高-ヤクルト)がいたんですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング