週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト特集

1位指名選手を大胆予想!2020新年ドラフト番付 現状では「S評価」不在も春次第で昇格の可能性残す

 

2019年ドラフトは第1回入札(1位指名)で11球団(大船渡高・佐々木朗希=4球団→ロッテ、星稜高・奥川恭伸=3球団→ヤクルト、東邦高・石川昂弥=3球団→中日、桐蔭学園高・森敬斗=DeNA単独)が高校生に集中した。20年のドラフト戦線は大学生を中心に好素材が多い傾向にあるが、現段階で目玉候補は見当たらず横一線の状況。番付とともに1位指名選手を予想する。

151キロ右腕の明石商高・中森は1年夏から3季連続甲子園出場中


早大・早川&東海大・山崎。左右の大学生投手が最上位


 S評価が第1回入札における重複というランク付けにした場合、年明けの状況で「目玉候補」は不在と言える。とはいえ、A評価(1位候補)は高校、大学、社会人とも好素材が控えており、シーズンの活躍によっては、S評価に浮上する可能性を十分に残す。視察するNPBスカウトとしても、成長度を見極める必要があるということである。

 番付最上位の東横綱には早大・早川隆久、西横綱には東海大・山崎伊織を配置した。最速151キロ左腕・早川は高校、大学で侍ジャパンを経験。就任2年目の小宮山悟監督(元ロッテほか)の下で、新チームからは主将として飛躍が期待される。153キロ右腕・山崎は腕の振りが鋭く、伝家の宝刀・カットボールが最大のウイニングショットだ。

 大関は東西で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング