週刊ベースボールONLINE

2020背番号物語 受け継がれる魂と浪漫

新たなる伝説が始まる。12球団ドラフト1位ルーキーの決意【セ・リーグ編】

 

今季もまた、球界の未来を担う、たくさんのルーキーがプロの世界に足を踏み入れた。背番号はある意味、球団が彼らにどのような期待をしているのかという“サイン”であり、彼らが将来向かうべき目標でもある。今回は12球団ドライチ新人12人の“決意”をつづる
※年齢は2020年の満年齢

広島・森下暢仁 #18「あこがれのエース番号を背に」


森下暢仁投手・22歳


 佐々岡真司監督や前田健太(現ドジャース)が背負ったエースナンバーを継承。昨秋ドラフトで交渉権が確定したとき、佐々岡監督が松田元オーナーに「18番あげていいですか?」と“直訴”したものだ。本人は「恐れ多いです。本当に重みのある番号だと思っています」と言いながらも、「似合うような選手にならないと」と決意も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング