週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2020

ヤクルト・受け継がれるミスタースワローズの象徴「1」/12球団背番号物語

 

チームの看板選手が背負う「1」は、代々継承されてきた。出世番号としては、現在は青木宣親が背負う「23」などがある。

昨季、自身4度目となる「30本塁打&30盗塁」を達成した山田哲。史上初の快挙となった


再び注目される黄金ルーキーの「11」


 このチーム伝統の番号として、まずは「1」が挙げられる。小さな大打者・若松勉(1972-89)は1年目こそ「57」だったが、規定打席未満ながら打率.303をマークし、オフに「1」への変更が発表された。72年、77年と首位打者に2度輝き、78年には球団初のリーグ優勝、日本一に貢献。この番号を「ミスタースワローズ」の称号にまで高めた。

 若松引退後、2年の空白期間を経て「36」の池山隆寛がこれを継承する。豪快なスイングから“ブンブン丸”の愛称でファンから絶大な人気を誇った。続いて着けたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング