週刊ベースボールONLINE

2020新戦力チェック 新外国人編

ベールを脱いだ新助っ人 メジャーの実績引っ提げ、いざ来日!【セ・リーグ編】

 

今季、新たにNPBでプレーする新外国人は12球団で31人を数え、うち21人がメジャー経験を持つ。そんな新助っ人の多くが、2月1日にキャンプインしたが、果たして実績どおりの働きを見せるのだろうか──。ベールを脱いだ“メジャー経験あり”の新助っ人たちをクローズアップしてこう。
※年齢は2020年の満年齢。成績のメ=メジャー、マ=マイナー

巨人・G.パーラ 右翼守備も巧い!五番を期待


ヘラルド・パーラ●前所属:ナショナルズ/33歳/180cm95kg/左投左打
2019[メ]119試合64安打9本48打点8盗塁、率.234
通算[メ]1466試合1312安打88本点522打点96盗塁、率.276


 早くもエンジン全開だ。昨季はナショナルズでワールド・シリーズ制覇にも大きく貢献したG.パーラだが、キャンプ初日からランチ特打に登場すると、サク越え4本を含む安打性66本と快音を連発。大振りをせず、コンパクトに鋭い打球を右中間中心にはじき返した。自身を「アベレージヒッター」と評し、「大事なのはコンタクトして、ボールがフェアゾーンに飛んでいくこと」という考えは日本で成功を収めた現DeNAラミレス監督に通じる。

 ゴールドグラブ賞2度受賞の外野守備も軽快で、一塁でも準備を進めるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング