週刊ベースボールONLINE

助っ人の系譜1980-2020

広島・黄金時代につながった好選手の獲得とドミニカでの育成/12球団助っ人の系譜

 

まだ新加入の可能性はあるが、ひとまず助っ人についての「2020年の陣容」が明らかになった。ここでは12球団の1980年以降の助っ人の系譜を表にし、それぞれの球団の外国人選手事情を探っていく。(育成は除く)

近年の打者の実績トップは、本塁打王に輝いたこともあるエルドレッド。ファンにも愛された


投手の最多勝は現役のK.ジョンソン


 オールドファンにとって印象深いのは、何と言っても1975年の初優勝時のホプキンスシェーンのコンビだろう。医師の資格を持ち、いつも冷静沈着なホプキンスと、陽気なスイッチヒッターのシェーンは名コンビだった。その後、79、80年の連覇に貢献した強肩のアベレージヒッターのライトルと、一発長打のギャレット(在籍は79年まで)も名コンビだった。

 ただ80年代は、打席でやたら落ち着きなく動くのが特徴の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング