週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト特集 注目選手クローズアップ【社会人編】

栗林良吏(トヨタ自動車・投手) 「無敗」を掲げる社会人No.1投手 「プロへ行くためにも、結果にこだわる」

 

社会人1年目は都市対抗、日本選手権、国際舞台でも活躍。2020年ドラフトにおける「ドラフト1位候補」の立場を不動とした。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アピールの場は限られるが、与えられた舞台で、全力で腕を振るだけである。
取材・文=岡本朋祐 写真=松田杏子

ルーキー年の都市対抗では2試合に先発。三菱自動車岡崎との3回戦では勝利投手[写真]となり、決勝の先発マウンドも経験している


 不要不急の外出の自粛が叫ばれている。街中は静まり返り、閉塞感が漂う世の中だが、あえて「最近、感動したこと」を聞いた。大卒入社2年目の栗林良吏は興奮気味に話した。

「昨晩は(野球の)スーパープレー集を見てモチベーションを上げていたんですが、今日、会社で新入社員を対象とした規律訓練をしていたんです。『この人たちが、将来のトヨタを担うのか』と……。しっかりとした返事、キビキビとした行動。自分を見つめ直す機会になりました」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知に緊急事態宣言が発出されたのは4月10日。以降、グラウンドほか、施設の使用が禁止になり、13日から1日勤務となった。8時に出社して、17時まで人事課で業務に当たる。シーズンオフは出社が中心となるが、この時期に社業がメーンとなるのは異例だ。「自分ができる仕事は限られてきますが、上司の方が親切に教えてくれる。応援してくれている社員のためにも、野球で活躍して恩返ししたい気持ちが強いです」。同宣言の解除が予定された5月6日まで3週間、キャッチボールはままならず、満足に体を動かすこともできなかった。昼休みに5キロのロードワークが貴重な調整の場だった。

「会社と寮の往復。部屋でできるトレーニングをするしかない。チーム方針で、外に出ることは控えるとの通達がありました。与えられた環境で、どれだけできるか考えています」

 トヨタ自動車が出場する予定だったJABA長野大会、JABAベーブルース杯、日本選手権東海最終予選が中止。今後、照準を合わせるのは9月15日からの都市対抗東海地区二次予選。東京五輪が開催されるはずだった2020年、都市対抗は11月5日のドラフト後の同22日に開幕する。153キロ右腕・栗林は2度目のプロ解禁を迎える。アピールの機会は限られるが、焦るつもりはない。

「都市対抗優勝。そのためにやっている。投げる試合は100%。オープン戦を含めて、今年は1回も負けないことをテーマにしています・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング