週刊ベースボールONLINE

どうなる!? 2020ドラフト戦線

2020ドラフト展望 1位指名候補15人をピックアップ

 

ドラフト1位の有力候補に挙がる明石商高・中森


 シーズンが開幕延期している中で絞り込むのは難しいが、複数のスカウト幹部の話を総合し1位有力候補15人を挙げたい。高校生では明石商高の151キロ右腕・中森俊介が1番手だ。

 1年夏から昨夏まで3季連続で甲子園に出場。2年時は春夏とも4強と、その実績は揺るがない。次に人気が高いのは中京大中京高の148キロ右腕・高橋宏斗だが、大学志望で、最終決断が注目される。

 大学生では早大の151キロ左腕・早川隆久の評価が高く、3月のオープン戦でも潜在能力を披露。慶大の155キロ右腕・木澤尚文、日体大・森博人、仙台大・宇田川優希のパワーピッチングも注目を浴びる。苫小牧駒大・伊藤大海は最速155キロでクローザーの特性がある。潜在能力の高い明大の150キロ右腕・入江大生も最終学年次第では急浮上の可能性を秘める。野手では近大・佐藤輝明の長打力、中大・五十幡亮汰の脚力に興味を示す球団もある。

早大・早川


 社会人ではトヨタ自動車・栗林良吏が名実とも「No.1」の評価。3月の日本ハムとの練習試合で好投した日本製鉄かずさマジックの155キロ右腕・山本晃希が評価急上昇させ、NTT東日本・佐々木健、ホンダ・小野大夏、NTT西日本・大江克哉にも注目だ。

トヨタ自動車・栗林


■2020ドラフト1位有力候補
高橋宏斗(中京大中京高)
中森俊介(明石商高)
伊藤大海(苫小牧駒大)
宇田川優希(仙台大)
木澤尚文(慶大)
早川隆久(早大)
入江大生(明大)
森博人(日体大)
小野大夏(Honda)
山本晃希(日本製鉄かずさマジック)
佐々木健(NTT東日本)
栗林良吏(トヨタ自動車)
大江克哉(NTT西日本)
佐藤輝明(近大)
五十幡亮汰(中大)

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング